• ホーム
  • ウラル連邦管区のニュース

記事一覧

三菱自動車の部品生産工場はチェリャービンスク州に建設される可能性

2010/12/14 Уралウラル連邦管区

先週、チェリャービンスク州副知事等の代表団が日本を訪問した際、日本の大手企業や政府の関係者などと会談・会議を行った。三菱自動車と双日株式会社等の企業を訪問した際、三菱自動車工場社長との会談を行い、南ウラル地方に自動車部品工場の建設の可能性が明らかにされた。 チェリャービンスク州代表団の来日中、経済産業省の代表との会談が実施された。その他、 経済産業省通商政策局ロシア・中央 アジア・コーカサス室長の原 幸太郎はチェリャービンスク州代表団と会議に参加し、南ウラル地方での産業と環境保護プログラムの共同実行に関する合意を達した。 今年6月、チェリャービンスク州知事ミハイル・ユレビッチュ氏はチェリャービンスク州で日露貿易協会との協力覚書を調印した。当時、知事は協力覚書の調印はチェリャービンスクと日本の企業の関係の活性化の元になり、新しい産業の開発と科学研究プロジェクトでの協力の道を開くと強調した。 ...

イランのビジネスマン、チェリャービンスク州に養鶏場と飼料工場の建設に

2010/05/08 Уралウラル連邦管区

チェリャービンスク州農業省広報部は水曜日(5月5日)、総額4000万 ドルに及ぶ鶏卵製造の新しい養鶏場と飼料工場と畜産総合工場が、2013年 にチェリャービンスク州のウベリスク地区に誕生すると発表した。これらの工場はイランからのビジネスマンたちが建設する計画だ。水 曜日に、彼らは、建設プロジェクト遂行と投資の条件を協議するために、チェリャービンスク州政府の農業相と経済発展相と会談した。

アムール造船所、7メガワットの能力を持つ砕氷船の建設へ

2010/05/06 Уралウラル連邦管区

統一造船企業「アムール造船所」社長のロマン・トロツェンコは、同造船工場で能力7メ ガワットの原子力砕氷船が建設されると発表した。トロツェンコは、「我々は、また、太平洋艦隊からの需要を満たすために新型のコルべット艦(高速小型巡洋艦)製造の作業も急ピッチで続 けている。工場の操業は順調で、この企業と従業員を救済するための数々の努力は無駄ではなかったと言える」と述べた。株 式公開上場企業「アムール船舶製造会社」はコムソモリスク-ナ-アムール市にあり極東で最大の造船工場で1936年 から操業している。操業以来同工場では原子力潜水艦を含む270隻 の船舶が製造された。

チェリャービンスク亜鉛工場、第4四半期の利益がロシアの会計収支基準で4倍増に

2010/04/01 Уралウラル連邦管区

ロシアの最大級の亜鉛及び亜鉛をベースした合金メーカーで株式公開上場企業の「チェリャービンスク・ツィンカブイ・ザボ-ド」(チェリャービンスク亜鉛工場)の2009年第4四半期の純利益が、ロシアの会計収支基準で、5億4180万ルーブル(16億2540万円)に達し、これは第3四半期の利益の4倍の利益であることが工場の資料により報告された。「チェリャービンスク亜鉛工場」は、増益の理由を、ロンドンの商品市場で亜鉛の価格が上昇したことと同工場による亜鉛販売が増大したためだと説明している。

2011年にエリツィンの記念碑がエカテリンブルグに建立

2010/03/26 Уралウラル連邦管区

スベルドロフスク州知事庁情報政策課は、ロシアの初代大統領ボリス・エリツィン(因みにゴロバチョフはソ連の初代大統領)の記念碑が、彼の生誕80周年を記念して2011年にエカテリンブルグに建立されることになると発表した。 課の情報によると、このことは州知事アレクサンドル・ミシャリンとエリツィン基金との水曜日(3月24日)の会談で明らかになった。エカテリンブルグのエリツィン記念碑は彼の誕生日に当たる2011年2月1日に開設される計画だ。

メドベジェフ、ハントゥ-マンシースクで、燃料エネルギー設備のエネルギー効率問題について協議

2010/03/24 Уралウラル連邦管区

ロシアの大統領ドミトリー・メドベジェフは、火曜日(3月23日)、ハントゥ-マンシースクで、ロシア経済近代化と技術的発展、特に、燃料エネルギー設備のエネルギー効率問題、に関する会議を遂行した。 メドベジェフは、月曜日(3月22日)にハントゥ-マンシースクに着陸、火曜日(3月23日)に2つの油田を視察した。そのうちの1つ、プリオブスコエ油田(オビ川沿岸油田)では、ガスタービン電力発電所の1号基の稼動式典に参加した。その後、彼は、2010年3月1日にハントゥ-マンシースク自治管区知事に就任したナタリヤ・コマロバとの会談に臨んだ。訪問の最後にメドベジェフは経済近代化委員会会議を遂行した。

メドベジェフ、ハントマンシスク知事としての全権を付与するためコマロバを候補に立てる

2010/02/10 Уралウラル連邦管区

クレムリン広報部は、ロシア大統領ドミトリー・メドベジェフがハントマンシスク自治管区下院、ユグル、に国会下院のナタリア・コマロバ議員を、同管区の知事としての全権を付与することを検討するよう上程したと発表した。承認されれば、コマロバは、サンクトペテルブルグ知事ワレンチナ・マトベンコに次いで、ロシアで2番目の女性知事になる。ロシア国会下院議員で「統一ロシア」党の第一副党首であるウラジミール・ペフチンは、コマロバを、「専門知識があり非常に責任感の強い」人材だと述べた。

チェリャービンスク州の2009年の犯罪数が減少

2010/01/21 Уралウラル連邦管区

チェリャービンスク州内務局々長のパーベル・グリゴリエフは、同州で2009年に犯された犯罪数が、2008年に比べ、5,2%減の8万5590件まで減少したと発表した。「昨年は易しい年ではなかった。年間の結果では、為された犯罪数は減少した。強奪、強姦、殺人を含むすべての種類の犯罪が確実な減少傾向にあるが、犯罪の幾つかの種類はうまく処理できなかった。窃盗や自動車の乗り逃げは相変わらず増加している。さらに、大型の家畜や他の動物の窃盗も増加した。グリゴリエフの発言によれば、経済セクターでの犯罪摘発に内務機関が積極的に活動したことを挙げている。

新航空会社がウラルで地方運航を開始

2009/12/25 Уралウラル連邦管区

同社のビジネス計画によれば、運航の80%は国家注文による運航で、20%は商業運航とのことだ。航空市場の参加者は、スベルドロフスク州では近代的な小型運航は需要があり、プロジェトの見通しは現実味があるとの意見を持っている。

ウラルの学者が人造心臓のモデルの開発を進める

2009/12/24 Уралウラル連邦管区

ベルドゥイシェフの発言によれば、同数学研究所は、ロシア科学アカデミーウラル支部免疫学及び生理学研究所及びペルミ市からの一体物媒体の力学研究所、そして心臓刺激装置の製造に従事しているドイツの会社「ビオトロニック」社と共同で作業を進めているとのことだ。モデルの制作作業は、実質的には本年に始まっており、作業活動の期間は向う3年間の予定とのことだ。

チェリャービンスク州の原発の建設の開始は2015年になる可能性がある

2009/12/23 Уралウラル連邦管区

チェリャービンスク州知事のピョートル・スミンは、火曜日、ジャーナリストに、ユジノ-ウラリスク原子力発電所の建設の開始は2015年以後になる可能性があり、現在はまだプロジェクト作業を進めている段階であると発表した。先に、ユジノ-ウラリスク原発はオゼルスク市の近くに建設されることが発表されていた。2020年までには原発内にある4基は4,6ギガワットまでの発電能力を持つことが計画されている。

「マグネジト」コンビナート、2010年に現在の稼動水準を維持する計画

2009/12/04 Уралウラル連邦管区

「マグネジト」コンビナート(チェリャービンスク州サトゥカ市にありマグネジトグループの構成会社)の工場長(社長)ウラジミール・ザイツェフは金曜日、2010年のコンビナートの稼動水準は、2009年の最後の9ヶ月間の水準を維持するであろうと発表した。「昨年の10月は、稼動水準は同年年8月(金融危機前)の水準の65%だった、昨年11月の稼働率は19,3%に落ちた。本年2月からは増加傾向に転じたが、金融危機前の水準に届くことはできなかった。州知事の指揮下の金融危機克服本部会議で、ザイツェフは、最近の数ヶ月は65-70%の稼働率で操業され、来年についてはその水準であると予測すると述べた。

ユグラ政府、2020年までの「純粋な水」プロジェクトを承認

2009/12/02 Уралウラル連邦管区

ハント-マンシスク自治管区「ユグラ」の知事の報道部は、水曜日、ノーボスチ通信社に、同管区が「純粋な水」と題する2010-2020年までの長期的特別目的を持つプロジェクトの推進を承認したと発表した。同報道部は、新しい専門的プロジェクトは、同じ名前を持つ「統一ロシア」政党のプロジェクトにユグラが呼応したものだと説明した。同プロジェクトの調整役として、住宅発展局がその役割を担う。 このプロジェクトは、同管区の住民に高品質の水を供給する現代の問題だけでなく、如何に効率良く、そして節約して水を供給するかの問題を解決する目的も持っている。

無料健康診察センターがチュメニに開設

2009/12/01 Уралウラル連邦管区

住民が無料で診察を受けられる健康センターが火曜日チュメニ州の30ヶ所に開設された。同センターは、国立あるいは自治体で運営される診療所組織になる。これらは、負傷者や救急診察患者用の専門機器が備わっており、そのための個々に診察をスクリ-ニングできるコンピュータープログラムが開発されている。 あるセンターの職員は、「センターの最も重要な目的は、健康な人達の心臓系統やその他器官の診察をすることだ。新センターでは、人体の血糖値やコレステロール、体内のアルコールやニコチンの含有度の迅速な検査が可能である」と指摘した。

2011年にチェリャービンスクに地下鉄の最初の駅が誕生

2009/11/07 Уралウラル連邦管区

チェリャービンスクの地下鉄の最初の駅「コムソモリスカヤ広場」駅の建設が2011年末に完了するだろう。建設テンポを速めるために、ハイテク技術が外国からさらに誘致された。例えば、「コムソモリスク駅」の基礎穴を囲うための杭はイタリア社の掘削装置を利用して掘削されることになっている。 「コムソモリスク広場」駅建設には、チェリャービンスクの地下鉄建設業者以外に、モスクやペルミやエカテリンブルグからの専門家たちも動員された。 2007年のチェリャービンスク州の州予算から地下鉄建設のために4億2000万ルーブル(約12億6000万円)、2008年には6億ルーブルが投じられた。また2009年には連邦予算からも建設用に3億9500万ルーブルが投じられている。

チュメニ政府、給与の適時払いのための委員会の作業を監視下に

2009/11/04 Уралウラル連邦管区

チュメニ州政府は、給与の適時支払いを保証するために設置された省庁間委員会の作業を管理下に置くことにした。州知事ウラジミール・ヤクシェフは、州の公共教育機関の長たちとの間でビデオ会議を開催した。その中では、とりわけ、給与支払い負債の解消のための地方行政の作業についての問題が審議された。 企業は、10日以内に、従業員への給料支払いに対する負債を解消しなければならないことになるだろう。遵守しない場合には、企業は、行政責任、そして刑事責任さえ追及されることになるだろう。

金属構造物製造工場がチュメニに開設

2009/10/30 Уралウラル連邦管区

ロシア最大級の金増鉱物製造工場の1つが金曜日チュメニに開設された。ヴィンジリ村では金属構造物製造工場の株式公開会社「チュメニスタリモスト」の開設式典が行なわれた。工場の金属構造物製造能力は年間4万トンだ。同工場で製造される金属構造物は、自動車や鉄道用さらには歩道用やそれら兼用の橋の建設だけでなく、埠頭設備や、乾ドックや水門の壁、川や貯水池で岸を保護する壁、トンネルの壁、そしてその他、地下装置の壁などの民間用設備の建設にも利用できる。

チェリャビンスク州、旱魃にも拘らず収穫穀物量は十分

2009/10/16 Уралウラル連邦管区

チェリャビンスク州政府農業相イワン・フェクリンはノーボスチ通信社に、同州の今年の旱魃のため、同州は約50万トンの穀物不足となった。しかし、収穫量はいずれにせよ十分な量であると発表した。同州は旱魃のために25万ヘクタールが被害に遭った。その結果、この地域では播種や処理のための損害は6億4000万ルーブル以上になり、収穫の損失は16億4400万ルーブルに達したとのことだ。

ウラルの銀行、企業への貸付金利は引下げられるだろうと予測

2009/10/13 Уралウラル連邦管区

ウラルの銀行同盟代表者のワレンチナ・ムラノヴァは、同地方の銀行同盟は2010年には企業への貸付金利が現在の平均金利である20-24%から15-18%まで引下げるだろうとの予測を出した。ムラノヴァは、「先日、ロシア中銀は、ロシア下院に、インフレ率がそれぞれ9-10%、そして、5-6%まで下がるだろうと予測される2010年と2011-2012年を対象にした資金貸付政策の主要方向を送付した」と述べた。この金利引下げ予測は、主に、現在年率20-24%の金利で貸付けを受けている中規模企業が恩恵を受ける。大企業はすでに現在、この水準より低い金利で貸付を受けているからだ。

ボヴァネンコヴォガス田で、年間最大1400億m3のガス採掘

2009/10/07 Уралウラル連邦管区

「ガスプロム」社長アレクセイ・ミレルは、ブエノスアイレスの世界ガス会議で、ヤマル半島で最大のボヴァネンコヴォガス田でのガス採掘が、長期的展望で年間1400億m3に達する可能性があると発表した。ミレルの発言によると、「ガスプロム」はすでに、ガスの埋蔵ではヤマル半島で最大級のボヴァネンスクガス田の開発と「ボヴァネンコヴォ-ウフタ」間のガス輸送システムの建設に取り掛かっているとのことだ。「ガスプロム」は以前、ボヴァネンコヴォガス田の開発を2011年から2012年に移行した経緯があるが、同ガス田開発は、「ガスプロム」にとって、同社の戦略的地域であるヤマルでの優先プロジェクトの1つになっている。