ロシア会計収支基準によると、モスクワ銀行の第一四半期の純利益は37億ルーブル

2010/04/14



ロシアの銀行の中でTOP10のなかに入る最大級の銀行であるモスクワ銀行は、自行の資料の中で、同行は、ロシアの会計収支基準によると、2010年の第一四半期に、1年前には41700万ルーブルの損失だったのに対し、366700万ルーブル(110億円)の純利益を取得したことを示している。

モスクワ銀行は、2009年の第四四半期の純利益はわずか34700万ルーブルだった。

このような急激な利益増大の理由について銀行側は「貸出において起こり得る損失の際の純資金コストを圧縮させることにより可能になった」と説明している。