数十人がノボクズネツクで、労働条件の改善を求め、短時間道路を封鎖

2010/05/24



炭鉱夫や冶金労働者を含むノボクズネツクの数十人の住民が、土曜日(5月22日)、賃金の上昇と安全な労働条件を要求して、短時間、市の主要通りの交通を封鎖(遮断)した。行動の参加者は市の行政府の建物の脇に陣取り、副市長のワレリー・シモレゴに自分たちの要求書を提出した。この後、彼らは、市の幹線道路であるキーロフ通りに出て自動車の走行を封鎖した。