プーチン、トゥバの石炭採掘の企業連合の問題を検討

2010/04/12



ロシア首相ウラジミル・プーチンは、地方省と天然資源省に、(ロシアのシベリア中南部の)トゥバとともに、石炭鉱床に関する企業連合設立問題を検討するよう指令を出した。

プーチンは金曜日(49日)の2020年までのシベリアの社会経済発展戦略を目的とする「統一ロシア」党のフォーラムでの演説の際、トゥバ石炭鉱床の開発権を巡る競争入札を行う予定だ。入札には多くに大企業が参加する。私は地方省と天然資省に、ツイバ共和国の関連業者とともに、投資家の調整作業を確実にし、総合利用投資を行う企業連合の設立の可能性を検討していると述べた。