政府機関職員数の削減

2011/01/14

メドヴェージェフ大統領令に従って2014年には政府を含め最高機関の総職員数を20%削減することが予定されている。
ロシア政府広告によると政府機関職員数を2011年3月31日までには1453人の量で確立することが予定されている。
D.ペシュコフ広告担当者の話によると、2011年末まで公務員数を5%、2012年末まではさらに5%、2013年末までにはさらに10%に削減される。2013年末までは政府機関職員数を削減するプロセスを完了予定だ。
メドヴェージェフ 大統領令に従って2014年には政府を含め最高機関の総従業員数を20%削減することが予定されている。