「ガスプロム」とギリシャの「DESFA」、「南方ルート」の建設で協定に調印へ

2010/05/26



アメリカの新聞「Upstream」紙のweb上で、ロシアのガスの巨人「ガスプロム」とギリシャのガス輸送会社「DESFA-7」社が6月7日、モスクワで「南方ルート」ガスパイプライン(South Stream)のギリシャ領域の建設に関する協定書に調印すると発表した。
DESFAの代表ソティリス・ヒオタキス(Sotiris Hiotakis)の発表も、やはり合意書はモスクワで調印する予定とのことだ。
合意の条件によれば、DESFAとガスプロムは、「南方ルート」ガスパイプラインのギリシャ地区の建設の合弁会社の株式を50%ずつ保有する。試算によれば、建設コストは10億ユーロ(1100億円)とのこだ。