アムール造船所、7メガワットの能力を持つ砕氷船の建設へ

2010/05/06




統一造船企業「アムール造船所」社長のロマン・トロツェンコは、同造船工場で能力7メ ガワットの原子力砕氷船が建設されると発表した。
トロツェンコは、「我々は、また、太平洋艦隊からの需要を満たすために新型のコルべット艦(高速小型巡洋艦)製造の作業も急ピッチで続 けている。工場の操業は順調で、この企業と従業員を救済するための数々の努力は無駄ではなかったと言える」と述べた。
株 式公開上場企業「アムール船舶製造会社」はコムソモリスク-ナ-アムール市にあり極東で最大の造船工場で1936年 から操業している。操業以来同工場では原子力潜水艦を含む270隻 の船舶が製造された。