チェリャービンスク亜鉛工場、第4四半期の利益がロシアの会計収支基準で4倍増に

2010/04/01



ロシアの最大級の亜鉛及び亜鉛をベースした合金メーカーで株式公開上場企業の「チェリャービンスク・ツィンカブイ・ザボ-ド」(チェリャービンスク亜鉛工場)の2009年第4四半期の純利益が、ロシアの会計収支基準で、54180万ルーブル(162540万円)に達し、これは第3四半期の利益の4倍の利益であることが工場の資料により報告された。

「チェリャービンスク亜鉛工場」は、増益の理由を、ロンドンの商品市場で亜鉛の価格が上昇したことと同工場による亜鉛販売が増大したためだと説明している。